ビューティーオープナーでシミは改善するのか?効果を検証!

 

ビューティーオープナーでシミは改善するのか?効果を検証!

 

ビューティーオープナーってシミに効くの?!

そう思われる方は、ビューティーオープナーに含まれるLシステインの効果を期待されているのかもしれませんね。

Lシステインで、ある程度のくすみ(肌のターンオーバーが原因のもの)は改善されるとは思います。

しかしシミって頑固ですよね。

シミに効果ありますよー!』なんて言葉は、軽々しいなぁと思ったりします。

 

シミは種類にもよりますが、ほとんどが化粧品で簡単に消えるものではありませんので、基本的には美白化粧品として販売されている美容液で効果がなかった場合は、シミの種類について先に知っておく方が良いかと思います。(^^)

 

 

目次の気になるタイトルをクリックすると、その内容に飛びます。↓

私がビューティーオープナーを使用してシミへの効果を検証しました

 

私がビューティーオープナーを使用してシミへの効果を検証しました

 

さて、ニキビ跡(クレーター)や吹き出物、乾燥などトラブルオンパレードの私が、ビューティーオープナーを使用する前の画像からシミの部分を拡大して切り取ってみました。

私がビューティーオープナーを使用してシミへの効果を検証しました

 

そして、こちらが3ヶ月後です。(少し写り方は白いですが、加工はしていません)

私がビューティーオープナーを使用してシミへの効果を検証しました

 

実際に横並びで比べてみましょう!

私がビューティーオープナーを使用してシミへの効果を検証しました

 

う~ん。。。

肌のターンオーバーは正常になりつつあって、くすみは次第に取れていった感じはありますけど、シミ自体の変化は、全くといって変わりないと思います。

ビューティーオープナーがどうだとかいう前に、化粧品で取れない(肌のターンオーバーでは無理な)シミについて知っておく事は大切かもしれませんね。

 

では次に、何をやっても取れないシミについてお話したいと思います。

ビューティーオープナーのシミ効果を期待する前に取れないシミを知っておく

 

ビューティーオープナーのシミ効果を期待する前に取れないシミを知っておく

 

ビューティーオープナーは美白美容液ではありませんので、それを理解して使用する事です。

シミが改善されるという事は、紫外線対策を行い、かつ肌のターンオーバーがきちんと行われているという事ですっ!

紫外線?そんな事解ってるって!

肌のターンオーバーでしょ?知ってるっつーの!

という意見は多いでしょうね。

 

でも、シミやくすみを改善&予防したいなら、肌のターンオーバーの乱れや紫外線について、理解と予防を徹底する事が重要だと感じております。

紫外線B波(UVB)

 

紫外線B波(UVB)は、基底層近くで色素細胞(メラノサイト)がメラニンを生成し、防御反応として肌の色が黒くなって日焼けとなるんですよね。

要するに日焼けの原因がB波(UVB)です。

 

紫外線のB波(UVB)よりA波(UVA)を気にするべし!

 

基底層は表皮内に存在しますので、本来メラニンは細胞とともに、少しずつあがって(肌のターンオーバーにより)薄くなっていく可能性はあります。

 

でも、ホントなかなかシミって改善されませんよね。

今回はシミのお話なんですけど、B波(UVB)だけではなく、A波(UVA)も関わってくるお話です。

 

紫外線A波(UVA)

 

そして、一番恐ろしいのが、紫外線A波(UVA)!

老化(たるみ、しわ)を引き起こすA波(UVA)は、真皮層まで到達して細胞を破壊し、老化を促進させます。

しかも真皮層は、表皮層のようにターンオーバーというものがありません。

紫外線A波(UVA)

 

もちろん、メラノサイトを活性化させてしまうB波(UVB)は気をつけないといけませんが、真皮層まで達してコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの線維芽細胞を破壊し、減少させてしまうのがA波(UVA)!

このA波(UVA)をたくさん浴びると、角質層のターンオーバーにも確実に影響を受けます。

 

紫外線A波(UVA)を浴び続ける事によって、真皮層がダメージを受けると線維芽細胞の回復はとても難しいのです。

40代ともなると、線維芽細胞を自力で生成される事はなくなってきます。

そのため、減少した線維芽細胞が波打ち、弾力性がなくなるので、表皮にたるみやシミとなって見えます。

紫外線A波(UVA)

 

シワやたるみなどの老化はすごく嫌なものですが、シミの原因となるメラニンも波打った真皮層のすぐ上にある基底層辺りに留まり、なかなか上がっていきにくくなったりするんです!!

真皮層に出来るシミは改善不可能!

 

さて、日焼けによるシミは紫外線B波(UVB)の影響だというお話でしたが、B波(UVB)は表皮層だから改善する。。。と思っている人も多いでしょう。

もちろんターンオーバーで薄くなっていくシミはありますが、真皮層(肌の奥深くに出来た)にあるシミはターンオーバーがないので、改善は不可能です。

この真皮層にあるシミの仲間は(ADM)メラノサイトーシス 又は、遅発性両側性太田母斑と呼ばれています。

 

表皮層で起こるトラブルはいくつになっても肌のターンオーバーがありますので(年齢とともに長くはなりますが)なんとか改善していく事は出来ても、真皮層に受けたダメージの改善は、ほぼ無理だと思っておきましょう。

 

ADEの場合、美容外科で真皮層まで届くレーザー照射を利用し、約1年程かかってやっとシミが改善されるものだと思っている方が良いでしょう。

しかし、レーザーでも取れなかったという友人も多いですので、レーザーの種類やしっかり真皮層まで届くかどうか調べてレーザー治療を受けないと、お金がもったいないですよ。。。(;_;)

 

実際、なかなか消えないシミで悩んでいる女性は多いですよね。

頑固なシミは、簡単に化粧品で治ると思うのは難しいと思いますし、安易に『シミは改善しますよー』なんて事は言えません。

 

シミにはいくつか種類もあり、角質層のターンオーバーで薄くなっていかないシミは、真皮層近くに存在すると思っておいた方が良いと思います。

ビューティーオープナーとシミについて まとめ

 

ビューティーオープナーとシミについて まとめ

 

ビューティーオープナーは、肌のハリにかなり効果的です。

単に『肌のハリ』と一言で言いますが、シミや毛穴・・・すなわち老化と関連する部分です。

こちらにビューティーオープナーの効果について画像付きで解説しています↓

ビューティーオープナーの口コミを画像付きで肌荒れ歴25年女が解説!

 

ハリのある肌になるという事は、角質層のラメラ構造を整えてくれている状態なので、肌のターンオーバーも正常になっているという事です。

 

ラメラ構造が整うという事は、ピンとハリが出るという事ですね。

古い角質も剥がれやすくなってくすみは取れやすくなる事は確かです。

 

肌のターンオーバーで上がってくるシミは、角質層の潤いを保ち続ける事によって薄くなる事はありますが、何年も消えないシミには、真皮層に存在するシミの可能性が高いといえます。

 

肌のターンオーバーで消えないシミは、ビューティーオープナーや美白化粧品など、化粧品では改善されません。

真皮層に直接働きかけるレーザーなどで処置するしか方法は無いでしょう。

 

紫外線から肌を守るのは常識とは思いつつも、ついつい夏場しか対策をしない事が多いですよね。

真皮層まで到達して細胞を破壊するA波(UVA)は、冬場でもしっかり降り注いでいます。

 

シミ、しわ、たるみを引き起こす紫外から、冬場も肌を守る事!

ほんの少しの事を気にするだけで、数年後は同級生の中でも若い肌を保ち続ける事が出来ます!

本気で老化を少しでも遅らせようではありませんか!!(^^)  エイエイオー!✊

 

ビューティオープナーを最安値&サンプル付きで購入するにはこちら>>

 

コメント